No.010 熊本市 ミモザの剪定・生垣剪定

今回も過去の施工例となりますが

熊本市内にて作業しました

ミモザの剪定と生垣の剪定をご紹介します。

 

 

 

 

門・塀廻りに植栽されている

紅葉した生垣と生い茂ったミモザの剪定をご依頼いただきました。

 

黄色く丸いお花が可愛く、

昨今、リースやドライフラワーなどでも人気となっているミモザ。

別名フサアカシア。

ですが…

実はアカシアが本名で別名がミモザなんです。

「ミモザ」はおじぎそうのこと。

 

 

おじぎそう

 

 

 

ミモザ(フサアカシア)

 

葉がおじぎそうにそっくりなことから

「ミモザ」と呼ばれはじめたと言われています。

写真からも分かる通り、似ていますよね。

 

 

ミモザは育てやすいため、お庭で育てているご家庭も多く

それほどお手入れをせずに生長します。

 

 

ですが、ミモザはそのまま放っておくと

5mを超えるほどの高さになってしまうんです。

マメ科ネムノキ亜科の常緑高木ですので

剪定をおこない、高さを調整することも大切です。

 

 

Before

 

 

花期は2~4月。

春を知らせてくれるお花は特徴のある黄色いボンボン風。

(花粉症の方は花粉がたくさんついたミモザのお花はつらいかもです💦)

 

 

剪定をおこなうのはこの黄色の花が咲き誇った後半。

または花が終わったあとの梅雨ごろまでが剪定シーズンです。

 

 

夏前までに剪定をしないと、夏には花芽が出てきますので

次期にお花が咲かなくなることもあると言われています。

 

 

Beforeの写真からも見て取れるかと思いますが

枝が密になりやすいミモザ。

剪定では、葉や枝が密集している部分を減らし、

風通しを良くし、日光が当たりやすくすることもポイントです。

 

 

After

 

 

剪定により

生垣は適度に隙間が生まれ、シャープな樹形になり、

ミモザは高さが調整され

鬱蒼とした箇所がなくなりました。

 

 

すっきり剪定されたことで、

ジメジメしたところが大好きな害虫がいなくなるという

害虫対策にも効果的ですね♪

 

 

まだ小さなうちは剪定シーズンにご自身で剪定されても構いませんが

高くなりすぎたミモザの剪定は危険なので

専門業者にお任せください。

 

 

——————————————

 

庭の手入れができていない。庭木の元気がない、剪定をお願いしたいけどどこにお願いしたら良いか分からない…など、お悩みの方はぜひ一度🍊オレンジガーデン「お庭のお手入れ専門窓口」までお気軽にお問い合わせくださいませ。
専任のスタッフが丁寧に対応させて頂きます。

 

——————————————

☎専用回線 096-234-8201

 

 

【取扱い】
庭木の剪定/伐採抜根/消毒/害虫駆除/芝生のお手入れ
施肥(肥料やり)/草取草刈/年間管理etc.

 

 

営業エリア:熊本市、熊本市近郊

※熊本市中央区、熊本市東区、熊本市南区、熊本市西区、熊本市北区、合志市、大津町、菊陽町、西原村、御船町、嘉島町、益城町、甲佐町など